映像クリエイターになりたい人のための情報サイト

>

動画にエフェクトを加えてみよう!

動画に効果音をつけてみよう

有名動画制作者が取り入れている一つのテクニックとして、「効果音の使用」が挙げられます。
効果音は視聴者を飽きさせないために追加すると言っても過言ではありません。

まずは少しイメージしてみましょう。
例えばある動画制作者が2人いるとします。
一人目の作った動画は5分間音もなくただ喋り続けるだけで、二人目はところどころ何らかの効果音を入れながら喋っています。

どちらが面白く感じるでしょうか?
多くの人は二人目の方を選ぶはずです。
ただ淡々と喋る単調な動画よりも、何らかのサウンドを入れた方が視聴者にも「工夫が見られるな」と記憶にも残りやすくなります。

今では様々なアプリで効果音がつけられるようになり、「無料効果音素材」や「効果音ラボ」などラインナップは豊富です。
動画をたくさんの方に見てもらいたいなら、効果音アプリを使ってみるのは一つの手でしょう。

音だけでなく文字も入れてみよう!

実は動画をインパクトのあるものにするためには、音だけではなく「文字」も工夫してみるといいかもしれません。
ここでいう「文字」とは、映画などで身近な「字幕」のことです。

有名な動画制作者の中には、例えば「これだけはしっかりと伝えたい」と思った箇所で字幕を追加する方もいます。
この字幕も今ではアプリが数多くあり、少し大きめに見せたり、その文字に色をつけるなど多彩なエフェクトでインパクトを与えることができるのです。

また、より面白くするために有効なのは効果音と組み合わせることです。
使用方法としては、「これだけはしっかり伝えたい」という箇所で効果音をつけながら大きめの文字を見せることが挙げられます。

字幕も効果音と同じようにVideoShowやCute CUTなどアプリが数多くあります。
字幕は耳の聞こえない方でも内容を理解するのに役立つので、積極的に取り入れてみるといいかもしれません。


この記事をシェアする